スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

紹介させてください! 穴掘りP 【5mium@s】夏の思い出・・・(美希捏造コミュ)

5分間前後のノベマス祭り 【5mium@s】(ゴミュマス)が開催されてますが、
その中から一つピックアップしてみました。

穴掘りP 【5mium@s】夏の思い出・・・(美希捏造コミュ)


箱マスには存在しない美希コミュなんですが、これがなかなかどうして。
美希はゆとりゆとり言われてるけど結構考えてるんだよ。っていう所とか、
プロデューサーの夢ってなんだろうな。とか、
色々考えさせられる内容だと思いました。

単純に「イイハナシダナー」で終わらせてもいいんですが、
折角いい機会なのでコミュ語りなどだらだらとやってみようかなと。


0006うわ~、とってもきれいなの 【1日目】

何からやればいいのやらわからなかったTomFですが、
それはさておき特定のエピソードのコミュ動画を見つけるのに、
今までやたらと苦労していませんでしたか?
つい先日、偶然にもいいサイトが見つかったので紹介しておきます。

実は前回、たろうPとコミュ語りをしたときに。
美希のコミュでも具体的に美希の台詞とか、
どのランクのどのコミュなのかさっぱり思い出せないことがあったので、
美希の過去コミュ動画の台詞をパフェとバットだけでも全部書き出してやろうかと思ったんです。
ですが、このサイトのお陰で「今回は」先送りとなりました。

Xbox 360 THE IDOLM@STER - コミュ動画集美希ランク別コミュ一覧表

さて、長丁場になりますね。これは。
とりあえず1日目は台詞の書き出しだけに留めておきましょう。
2日目は画像と合わせて台詞を再確認。
3日目はこの捏造コミュと関係が深そうなコミュをピックアップして、
それについてざっと語って行きたいと思います。
多分ただの独り言になりますがねw


穴掘りP 【5mium@s】夏の思い出・・・(sm7339538)



□夏の思い出・・・

~事務所前~

(7/28 19:00)


美希「今日もお疲れ様なの」
P 「あぁ、お疲れ」
美希「・・・本当に疲れたの。ミキ、次はもっと楽な方がいいな」
P 「んー・・・本当はもっと頑張って欲しいんだがなぁ、
    まぁミキに無理のないように努力するよ」
美希「えー、ミキ、これが限界なの。これ以上とか絶対無理だからやめてね?」
P 「ははは・・・、まぁ今日はとりあえず帰ってゆっくりと・・・」

ドーン・・・パラパラパラ・・・・

美希「あれは・・・」
P 「花火…だな」
美希「・・・・・・・・・」
P 「・・・・・・・・・」
P 「・・・はぁ、ちょっとだけだぞ?」
美希「さすがプロデューサーさん、ミキのことわかってるの」

~河原~

美希「うわ~、とってもきれいなの」
P 「確かに、ここの花火は毎回すごいな」
美希「え!?プロデューサーさんはここに毎年来てるの?」
P 「ん?毎年って訳じゃないが、去年は大学仲間とたまたま来たんだよ」
美希「大学仲間って・・・彼女とか?」
P 「・・・・・・・・男5人で花火を見てたよ」
美希「・・・・ぷっ」
美希「あははははっ、男5人ってすごく寂しかったんだね」
P 「うるさいっ、男5人だってそれなりに楽しかったんだ」
美希「でも、今年はミキと一緒でよかったね。
    ・・・それとも男5人とみたほうが良かった?」
P 「それは・・・」

・もちろん大学仲間
・他のアイドルの方が・・・
・美希でよかった

P 「・・・・・・・・・・・・・・・     そりゃ、お前と見たほうが嬉しいに決まってるだろう?」
美希「だよねー、ミキよりも男友達がいいって言ったらちょっと引いちゃったかも」
P 「でも、友達ってのも大事だぞ?」
美希「ん、デコちゃんとかとっても面白いの」
P 「んー・・・その関係はなんか違う気がするが、まぁ、だいじにするんだぞ?」
美希「わかったの」

ドン・・・・

美希「きゃっ・・・」
P 「美希っ!」
P 「掴まれ!」
美希「あ・・・」
P 「大丈夫か?混雑してるからはぐれないようにな?」
美希「ありがとなの・・・」
美希「・・・・・・・・・」

美希「・・・・・・・・・
    ねぇ、プロデューサーさん」
P 「ん?なんだ?」

BGM:オルゴール

美希「うん・・・」
美希「ミキの成功、目的ってもちろんトップアイドルになることでしょ?」
P 「ああ、そうだな」
美希「じゃあ、私をトップアイドルにするって言うんじゃなくて・・・
美希「プロデューサーさんの目標や成功ってどういう感じなのかなって」
P 「どうしたんだ?いきなり」
美希「前にトップアイドルになれば天にも昇る気持ちになるって話したよね」
美希「それで思ったの、プロデューサーさんはどんな事を思ってるのかなって」
P 「・・・うーん、そうだなぁ」

・冗談で誤魔化す
・簡単に答える
・正直に答える

P 「俺がもし怪我とかして美希をプロデュースできなくなったとしても」
P 「次に続くようにお前を送り出せる・・・それが最低限の成功かな?」
P 「なんて、な。もちろんトップアイドルにして送り出すのが目標だけどな」
美希「・・・・・・・・・・・」

美希「そっか・・・そんな風に考えてくれてたんだ」
美希「プロデューサーさんのこと、ちょっと見直したかも」
(美希・・・)
(絶対にトップアイドルになってこの花火のように一緒に輝こうな)



【2日目】
表情と台詞を並べてみました。
左から順に画像、台詞、コメントとなっています。
美希が可愛過ぎて画像を縮小できませんでした。
2日目をご覧になられるときはブラウザのウィンドウを最大化することをお奨めします。
0001今日もお疲れ様なの 美希「今日もお疲れ様なの」
P 「あぁ、お疲れ」
美希「・・・本当に疲れたの。ミキ、次はもっと楽な方がいいな」
P 「んー・・・本当はもっと頑張って欲しいんだがなぁ、
   まぁミキに無理のないように努力するよ」
美希のほうから「お疲れ」と、挨拶しています。この事から既に完全なゆとり状態の美希ではないことが見て取れます。
それと、この会話は細かく見ると「事故」イベントに非常に近く仕上げています。裏ルートへどうすれば入るのか私は知らないのですが、そこまでは同じシナリオになっているはず。
0002えー、ミキ、これが限界なの。 美希「えー、ミキ、これが限界なの。これ以上とか絶対無理だからやめてね?」
P 「ははは・・・、まぁ今日はとりあえず帰ってゆっくりと・・・」
ゆとりではないとはいえ、まだ甘さが残る美希。
この頃のPは余りきついことは言わず、美希が自分から打って出るのを待っているのが良く解かりますね。
0002花火! ドーン・・・パラパラパラ・・・・
今、美希は画面の中心にいますが、 次のシーンでは・・・
0003あれは・・・ 美希「あれは・・・」
P 「花火…だな」
左に移動します。
Pの返事を待たずして歩を花火の方へ進めていますね。実に美希らしく可愛らしい行動ですが、ちょっとだけ考えてみてください。
ここでの美希の疲労の度合いがほんの少し大きく、また美希が気を取られた対象が、花火ではなく猫であったなら・・・どうだったでしょうね?
そう、ほんの些細な事で人生って変わってしまうものなんでしょう。千早の家族がそうであったように、偶然と必然の積み重ねが歴史であり人生なのです。
0004・・・・・・・・・ 美希「・・・・・・・・・」
P 「・・・・・・・・・」
ここの間がなんとも良い感じ。
美希はPを充分に信頼しているようで、まるで長年連れ添った夫婦のような空気が流れます。
思いっきり2828できてしまいましたw
0005・・・はぁ、ちょっとだけだぞ? P 「・・・はぁ、ちょっとだけだぞ?」
美希「さすがプロデューサーさん、ミキのことわかってるの」
良い笑顔だ。本気でそう思えました。
美希が最初にPを試したのは「運動」コミュか「買い出し」コミュだと思いますが、その頃の彼女とは本当にいろいろ違いますね。
Pの方もPの方で、最近美希がそれなりに頑張ってるのを直ぐ側で見ていますから、これくらいのわがままなら応えてあげてます。
くそっ羨ましいww
0006うわ~、とってもきれいなの 美希「うわ~、とってもきれいなの」
P 「確かに、ここの花火は毎回すごいな」
美希「え!?プロデューサーさんはここに毎年来てるの?」
P 「ん?毎年って訳じゃないが、去年は大学仲間とたまたま来たんだよ」
ここから美希からPへ向かってプライベートレベルでの質問を投げかけていますが、 実はこれには後半の展開への伏線と言うか、流れを自然に見せる働きがあります。
それと美希は親しい人の前では本当に自然に接すると言うか、リラックスしているように見えますね。俗に言う「覚醒」と呼ばれる状態の美希はこういう部分があまり無いんだと思います。
ですから、一般コメントやニコマスPの「俺は金髪の方が好きだ」という考えには少し納得できますが、 そうすると、「表ルートの美希にPは必要なのか?」という疑問も同時に生まれてしまいます。
・・・話が逸れたww と思ったら1日目UPの段階でたろうPが釣れてるw ありがとお!
0007大学仲間って・・・彼女とか? 美希「大学仲間って・・・彼女とか?」
P 「・・・・・・・・男5人で花火を見てたよ」
一瞬怪訝そうにも不安そうにも見える表情を見せる美希。
0008・・・・ぷっ 美希「・・・・ぷっ」
くっ
0009あははははっ、男5人ってすごく寂しかったんだね 美希「あははははっ、男5人ってすごく寂しかったんだね」
P 「うるさいっ、男5人だってそれなりに楽しかったんだ」
そうだそうだっ。気を遣わなくていいんだぞorz
この部分は美希の表情が大笑いではなく穏やかな表情をしているところが面白いと言うかなんというか。
しかし、もしPが恋人って答えてたら美希はどういう表情をしたんでしょうね?
想像は色々できますが、仮にそのお題でチャットをやったなら最低30分は引っ張りたいところw
0010「でも、今年はミキと一緒でよかったね。・・・それとも男5人とみたほうが良かった?」 美希「でも、今年はミキと一緒でよかったね。
    ・・・それとも男5人とみたほうが良かった?」
P 「それは・・・」
美希の挑発的な視線。
ここでも、先ほどのコメントと同じで、 他の選択肢を選んだ場合の美希は一体どうでるんだろうと。
無論ここまで美希から信頼を寄せられるほどのPなら 「美希」を選ぶことは明白ですが、へそ曲がりなPだったなら 敢えて別の人物を選択する事もあるんじゃないかとおもいます。
0011☆選択肢1
・もちろん大学仲間
・他のアイドルの方が・・・
・美希でよかった

積極的にPの気持ちを尋ねています。
これは最初に書いたように重要な点なのではないかと思います。
「ミキはミキなの~」と繰り返し、自分の事ばかりだった美希が、Pの気持ち・・・他人の気持ちを意識しています。
0012だよねー、ミキよりも男友達がいいって言ったらちょっと引いちゃったかも P 「・・・・・・・・・・・・・・・
   そりゃ、お前と見たほうが嬉しいに決まってるだろう?」
美希「だよねー、ミキよりも男友達がいいって言ったらちょっと引いちゃったかも」
P 「でも、友達ってのも大事だぞ?」
またしても良い笑顔。
自身が望んだ答えを得られたようです。
わざわざPに訊いたって事は自分だけでは確証を得られなかったか、それとも単に確認したかっただけなのか。もしくはPにその台詞を言わせたかったのか。どれかかも知れませんし、そのどれでもないかも知れません。
私の中で、美希が可愛い事だけはハッキリしてるんですがw
0013ん、デコちゃんとかとっても面白いの 美希「ん、デコちゃんとかとっても面白いの」
P 「んー・・・その関係はなんか違う気がするが、まぁ、だいじにするんだぞ?」
美希「わかったの」
伊織とは同い年ですね。
そしてPの忠告を素直に聞く美希。
美希という子は好きな人には本当に素直な子だと思います。これが美希の魅力の一つなのは確かで、ファンに対しても美希は自然体であろうという姿勢なようです。正反対なのが伊織で、ファンの前では作った自分で乗り切ろうとしてるような・・・。
おそらく彼女の私生活と密接なかかわりがあるのでしょうが、それも類推するしかないですね。
0014ドン・・・・
ドン・・・・

テメエ!!
0015きゃっ・・・ 美希「きゃっ・・・」
P 「美希っ!」
ぶつかられ、よろける美希。
立ち居地が左に寄るなど、非常に演出が決め細やかです。
そしてすかさず反応するP GJ
0016掴まれ! P 「掴まれ!」
美希「あ・・・」
P 「大丈夫か?混雑してるからはぐれないようにな?」
P。完全に保護者モード。
0017ありがとなの・・・ 美希「ありがとなの・・・」
このシーンについては言葉になりません。
胸が熱くなる、とだけ。
0018「・・・・・・・・・ 美希「・・・・・・・・・
ここで、美希はしばし沈黙。
0018「・・・・・・・・・ 美希「・・・・・・・・・
    ねぇ、プロデューサーさん」
P 「ん?なんだ?」
この「間」は話の切り出し方を練っているものと解釈しています。
直ぐ後にPが「いきなりどうしたんだ?」と美希に訊いていますが、おそらくは以前からPに訊いてみたかった事を言葉にして伝える決心をしたのでしょう。
言外の想いが感じられるシナリオの良さがアイマスの良いところの一つだと思います。
0019うん・・・ 美希「うん・・・」
美希「ミキの成功、目的ってもちろんトップアイドルになることでしょ?」
P 「ああ、そうだな」
美希「じゃあ、私をトップアイドルにするって言うんじゃなくて・・・
美希「プロデューサーさんの目標や成功ってどういう感じなのかなって」
P 「どうしたんだ?いきなり」
何事からもいい加減な姿勢で臨んできた美希ですが、ここで初めて(じゃないかも知れませんが)Pと真剣に向き合います。
ファミレスで「・・・こんなミキでも、いいですか?」といったやり取りをしたのも確かこの時期のはず。
それとツッコミどころではないかも知れませんが、美希が自分のことを「私」と表現しています。
この部分は作者の穴掘りPに意図を直接尋ねてみようと思っています。
0020前にトップアイドルになれば 美希「前にトップアイドルになれば天にも昇る気持ちになるって話したよね」
美希「それで思ったの、プロデューサーさんはどんな事を思ってるのかなって」
P 「・・・うーん、そうだなぁ」
真剣に。尋ねています。
と、同時に俯きがちに斜め下を見ている美希は悩んでいるようにも見えます。
ゆとりゆとりと言われていますが、美希をアホの子と思ってる人にはこの様子を見て欲しいものですね。
0021選択肢2
・冗談で誤魔化す
・簡単に答える
・正直に答える

美希のコミュで美希が自分に足りない部分をPに補って欲しいと助けを求めているシーンはかなり多いです。そしてその時、冗談で茶化したり、からかったりするのは大抵美希の不評を買います。
この質問はPの内面に関するものですが、美希が真摯にPに向き合っているのだから、Pの方も美希に向き合ってあげなければいけません。ここはBADとかパフェとか言う以前に、素直に誠意を返してあげれば美希ならきっと納得してくれるでしょう。
0022_2俺がもし怪我とかして美希をプロデュースできなくなったとしても P 「俺がもし怪我とかして美希をプロデュースできなくなったとしても」
P 「次に続くようにお前を送り出せる・・・それが最低限の成功かな?」
美希はPの方を見てはいませんが、Pの答えを聞き漏らさないように集中しています。
0022_1なんて、な。もちろんトップアイドルにして P 「なんて、な。もちろんトップアイドルにして送り出すのが目標だけどな」
答えを聞くや否や目を伏せる美希。
とても・・・とても良いシーンです。
美希の方でも答えの中身は想像がついていたんでしょう。だから、大きく表情を変える事はなかったんだと思います。
彼女の質問を言い換えれば相手が自分のことをどう思っているか、ということ。私はここで老人ホームで「かわいくない」と言われたときの美希を連想しました。相手が自分をどう見ているか、自分の想像とは違うのではないか。美希は以前より敏感になっていると思います。
私はこの美希を見て「本当に成長したな」・・・と。
0022_3「・・・・・・・・・・・・」 美希「・・・・・・・・・・・」
しばし沈黙。
美希の心にPの言葉が染み渡っていくような。
そんな数秒間。
個人的な感想ばかりで申し訳ないのですが、これも、良いシーンでグッと来てしまいます。

そして先ほどの彼の言葉を言い換えれば「美希は俺の夢だ」。こうなります。
そのように言われた美希の次の表情は・・・
0023そっか・・・そんな風に考えてくれてたんだ 美希「そっか・・・そんな風に考えてくれてたんだ」
笑顔でした。

ここの台詞は所謂「覚醒イベント」の台詞とほぼ同じものです。
ですが、ここは単なる引用やパクリではもちろんなくて、この作品で私が一番評価したいポイントだったりします。
この事はちょっと長くなるので2日目のまとめで語ります。
0024プロデューサーさんのこと、ちょっと見直したかも 美希「プロデューサーさんのこと、ちょっと見直したかも」

(美希・・・)
(絶対にトップアイドルになってこの花火のように一緒に輝こうな)
いいコミュでした。GJ!

□2日目まとめ
「覚醒イベント」と同じ台詞を美希に言わせていることについて。
画像横のコメント欄に書いたとおり、私が一番評価したいポイントがここです。

それを語るためにもここからしばらく美希についての認識の話になります。
一般に美希という人物像は「ハニー ハニー」と言う裏のイメージが強過ぎて一部の人が見落としがちなようですが、
事故が無ければPを好きにならなかったと言う事は全く無いわけですよね。
それぞれがそれぞれの成長なり変化なりを遂げていますが、途中まではほぼ同じ道を辿っています。
表、裏ルートはそれぞれ別世界の出来事ですが、
「Pが美希を命がけで守ったから美希がPに惚れた」という、
前後の文脈を持たないたった一つの文章で「覚醒」を語るのは間違いなんだ。
と、この作品で私は再認識しました。

「覚醒」イベントがどれほど重要な出来事でも美希の人生の一点に過ぎません。
物語の中の全ての出来事は繋がっているのです。
その中のほんのちょっとしたきっかけで人生が大きく変わることもありますし、
小さなことの積み重ねが無ければ起こらない変化もある。
そしてこれは現実の物語でも同じで、その一つ一つを大事にしていかなきゃなぁって思いましたね。

今回のコミュでは、選択肢は2つ出てきて その内4つは選ばれませんでした。
ですが、この小さな選択一つでも美希とPの未来は大きく変わってしまうかも知れません。
ですからやはりプレイヤーのプレイの数だけ美希やPは存在しているんだなとも。


「765プロ」と美希 もう一つ。
このコミュはアイドルマスターのテーマ
「育てる事」を強く反映していると思います。
以前、「太陽と月と星と」の3日目で語ったことですが、
私はアイマスの本質は育てる事にあると考えています。
何を今更と思われるかも知れませんが、たまには初心に戻らないととも思うのでお付き合いください。

「そんな風に考えてくれてたんだ」
美希のこの台詞。
これは美希のプロデューサーが「自分を育ててくれているんだ」と理解した証拠です。
ちょっと事務所全体の話になりますが、私は765プロは変わったアイドル事務所だなと思っています。
弱小事務所であった頃からアイドルのレッスンに多大な労力を注ぎ込んでいる事。
他の事務所がそれ以上出汁が出なくなるまで所属タレント達を金儲けに利用する中で、
765プロだけが「卒業」と言わんばかりに方針転換なり引退なりを促していること。
本当に変わっていると思います。
ですがそれもそのはずで、「人を育てる事」をかなり上の優先順位にした場合、
彼女たちがアイドルを卒業していくのは当然のことなのかも知れません。

その中でも精神面で一番解かりやすい成長をしているのが美希です。
具体的に最後のやり取りを要約して語ってみます。
「自分に何かあってプロデュースできなくなったとしても」
「次に続くように美希を送り出せる・・・それが最低限の成功」
Pは美希のために美希をプロデュースしています。
仕事と言う関係を超えて美希を愛している。
そしてそれを受けた美希の台詞が、
「そんな風に考えてくれてたんだ」

「くれてたんだ」 この台詞を美希自身から聞いたとき、プロデューサーは本当に嬉しかったに違いありません。
ついでにこれと関係ある話なのでしゃべっておきますが、
私はアイマスに触れたことで人間の幸せの形の一つを意識するようになりました。
それは誰かや何かを育んだり、何かを残したりすること。
物なら物で直接作り出した物であったり、仕事の成果であったりします。
今、私が書いている文章さえもその一つではありますが、
それらよりも何よりも、最も尊い行為は「人を育てる事」なのではないでしょうか。



まあ、そういう話です。
3日目は美希がPを連れ回すコミュを列挙してみて、
簡単に感想なんか残してみようかと思います。
本エントリは既に分析でもレビューでもなく、ただの私の感想文になっていますが、
そんな日記程度の記事へお付き合いくださった方には感謝状を送りたい気分ですw
穴掘りPにも感謝。これほどまでに違和感を感じない捏造コミュは数えるほどしか観てこなかったです。
いや寧ろ、何故このコミュに声が収録されたり、細かい動きが付いていないんだとww
関連記事

tag : アイドルマスター 美希

2009-06-17 : ニコマス紹介 : コメント : 16 : トラックバック : 0
Pagetop
べ、別に”穴掘り”に釣られたわけじゃないんだからねっ!! 汗

花火ってそうなんですよね。
妙に先のこととか決意みたいなのを連想させてしまうというか。
ひと時の輝きなんですけどね。 壮大だからかなぁ。。。

美希イメージで言うと、こういう何でも素直に質問できるところが、
私の持つ美希イメージと近いかなって勝手ながら思ったりしています。
やっぱり夏は金髪毛虫にかぎりますな。 ←飛んで火にいるなんとやら。

あぁ、うっとりしてしまうクオリティの動画でございました。
なんという打ち上げられた気分w GJ!!
そして紹介GJ!!w (語り楽しみに待ってますw)


P.S.
このコミュサイト、例のチャットの時に探してたやつだw
チャット中に無事見つかり、URLとか貼るのに役立ちましたww
2009-06-20 00:25 : たろう URL : 編集
1日目
>>たろうP
>美希イメージで言うと、こういう何でも素直に質問できるところが、
>私の持つ美希イメージと近いかなって勝手ながら思ったりしています。
>やっぱり夏は金髪毛虫にかぎりますな。 ←飛んで火にいるなんとやら。

これこれww
明日あげる予定の2日目のちょうど語りの部分で一枠だけ取って語ってますが、
所謂「金髪美希派」について言及してます。
いいね、どんどん炎の中心目指して飛んできてくれたまえw
正直直接コメントのやり取りが出来る金髪美希派のPがいなくて困ってました。
ていうか、美希贔屓のニコマスP自体、私知らないなぁ。

PS:コミュまとめサイト
おお!?
あれから私がどんだけ苦労したかとwww
2009-06-20 00:56 : TomF URL : 編集
>>Tomさん
やっと見てきましたw
まだ考えが纏まらないので、ちょっと待ってくださいな。

でも一つだけ。
理由は分からないんですが、何故か全体に違和感を感じています。
何処に、何に対して感じているのか、まだ分かりません。
何度か見直してきますね。

2009-06-20 22:48 : よた URL : 編集
1日目
>>よたさん
オーライ。
多分そういう感じて食いついてくると思ってました。
私が違和感を全く感じてないってことは、逆によたさんには何か感じるだろうとは思ってましたし、
思考の穴を教えてくれるのは正直ありがたいです。
多分、自分にこのコミュがすんなり入ってきたのと同じ理由で
よたさんには受け入れられなかったんじゃないでしょうねぇ。

ということでツッコミ待ち中。
でも、本動画は私の中の公式表美希のストーリーに既に組み込まれてしまった感。
これは手遅れですwww
2009-06-21 00:13 : TomF URL : 編集
解説、たいへん興味深く読ませていただきました。
ここまで丁寧に語れることが、羨ましくすらあります。

私は本作、前半の会話の雰囲気が好きです。
「美希と花火を見に行き、つらつらと昔の思い出を話し、二人でくすくすと笑う」
という、穏やかな雰囲気に、二人の何気ない仲睦まじさを感じました。

その、“仲のいい恋人同士”のような雰囲気で、切り出される問い。
“担当Pとして”は、とても正しいものだったかと思います。
“恋人として”は、たとえ可能性ではあっても、“他人に任せる”というのは、少し寂しく思いました。

それはそのまま、答えを受け入れる美希に対しても思いましたね。
この答えを「見直した」という美希が、頼もしくもあり、少し、寂しくもあり……。
それは、「成長」というものが、頼もしく、また、寂しく感じるのと、同じことかもしれません。

あぁそうです。私は本作だけでなく、美希自体に、そう思っているのでしょう。
「ゆとりな美希もかわいいよね」っていわれると、うんうんと頷いてしまうのですw
2009-06-21 01:25 : グレゴール URL : 編集
2日目
>>グレゴールさん
コメントありがとうございます。嬉しくってついこんな感じですw つ[感謝状]
んじゃ細かくレス。

>ここまで丁寧に語れることが、羨ましくすらあります。
グレゴールさんのやよいにかけた語り口とは方向性が違うんだと思います。
遠くから見守るような視点になれるにはまだもう少し時間が経ってからかも知れません。

>前半の会話の雰囲気が好きです。
私も好きですね。
教え子と生徒、娘と父親、恋人同士の様でいてそのどれとも違う2人ならばではの雰囲気だと思います。

>“他人に任せる”というのは、少し寂しく思いました。
ニコニコ動画に出てくるコミュ動画、裏ルートの美希には「雛鳥の決意」というシリーズ名が付いています。
2人が出会って間もない頃、Pが美希を「黄金の雛」と喩えたことからきていますが、まさにぴったりな名前だったのではないかと。
あと、この段階では美希はまだPの事を恋愛対称になるかもとは思っていないと思います。
ですが、喩え将来恋人にならなくても、美希が別のPの元で過ごすようになっても。
この一緒に過ごした「思い出」がある限り、彼らはやはりただの他人でも、そこの人でもないのです。

>少し、寂しくもあり……。
グレゴールさんのやよいのエントリ。しっかりと読ませていただきました。
やよいはPがプロデュースを開始する時から既に子供でいながら大人です。
ですからその寂しいと言う気持ちは、やよいの内面に踏み込んだ人たちは特に意識してるのかも知れませんね。
それともう一つ。大人は子供が思っているほど大人じゃありません。
自分の中の子供な気持ちと折り合いをつけながら生きています。
でも、そんな大人たちだからこそ傍に誰かが必要なんでしょう。

>「ゆとりな美希もかわいいよね」
ゆとりな美希もカワイイデスヨw
ということで、たろうP命名の「ゆとりの限界に挑戦シリーズ」(自分の中でだけこのシリーズ名w)
つ http://www.nicovideo.jp/watch/sm6378359
2009-06-21 10:57 : TomF URL : 編集
>>Tomさん
お待たせ致しました。
憑き物が落ちるように、違和感の正体に気付いたので、コメントにて失礼します。
久しぶり(?)の長文になりますので、腰を落ち着けてどうぞ。



今回の要点は、全部で5つ。
内の3つはPの事で、基本的にツッコミになりますwww
残りの2つが美希の事で、こちらが本題となるので後に回します。
では、順番に。

最初の1つ目。
2:25で他の人にぶつかられてバランスを崩した美希に、「掴まれ!」と言うP。
美希のPなら、ここで人垣を無理に分けてでも、支えに行くんじゃないか?
美希は案外子供です。
その奔放ぶりは、時として他人の逆鱗に触れることもしばしば。
そんな美希に、何かあったときに「掴まれ」と言って手を差し伸べるだけじゃ、守りきれないと思うんですよ。
そうでなければ、例の事故の時だって美希をかばい切れなかっただろうし。
ここは問答無用で、美希の元へ助けに行って欲しかったなぁ。

続いて2つ目。
2:57からの美希の質問への答え。
美希と一緒にトップアイドルを目指しているPが、「最低限の成功かな」なんて小さなことは言って欲しくない。
例えその場の思いつきでも構わないから、美希と一緒に目指せる大きな目標を言って欲しかった。
美希はトップアイドルを目指して、PはPの目標に向かって。
二人で一緒に目指して行ける目標を掲げて欲しかった。
なんだか美希だけに大きな目標を背負わせてるみたいで、ちょっと寂しかったかな。

最後の3つ目。
これは完全なツッコミです。

美希の事をお前呼ばわりするな!www

全部のコミュを憶えてるわけじゃないので、間違ってたらごめんなさい。
確かどのアイドルのコミュでも、Pがアイドルの事を「お前」と呼んでたことは無かったと思ったんですけど。
と言うか、ドンダケ偉いんだよP。
なんか無性に腹が立つぞwww

さて、それでは本題の美希の事です。
1つ目は、0:49のシーン。
花火に気付いた美希が、無言でPを見つめるシーン。
Pが、「…はぁ、ちょっとだけだぞ?」と答えてます。
美希はこんな駆け引きはしません。
花火が見たいなら「見に行きたい」とはっきり言います。
最初のほうでも書きましたが、「美希は案外子供」です。
だから、自分の欲求は素直に口に出して言ってきます。
視線だけで気持ちを理解させようとするばかりか、Pに理想的な答えを求める、なんていう駆け引きが出来るほど器用な真似は出来ません。
その不器用なまでの素直さが、美希の魅力の一つです。

2つ目は3:38のシーン。
美希が、自分からした質問に答えるPの言葉に耳を傾けるシーン。
真剣な質問に答えようとしているのに、Pの事を見ていません。
こう言うときの美希は、必ずと言っていいほど正面から相手の目を見て話を聞いていたはずです。
雰囲気に呑まれて相手を見ない、なんて不真面目な真似はしません。
美希は真面目な子です。
それはもう愚直なほどに。
時と場合にもよりますけど、美希のコミュは全般的にPの真剣さを試しているように思います。
例えふざけたような選択肢でも、美希の事を真剣に考えた上での選択が、正解になっていると思います。
美希は、不誠実な態度や言葉を極端に嫌う傾向があると思います。
それは美希が、どんなことにでも真面目に接しているからです。
例えゆとりだ何だと言われても、人との付き合いに関してだけは真面目に取り組んでいます。
相手の目を見て話をする、と言うのはその現れです。
こんな真剣な話をしてるのに、相手の目も見ない、なんてことは美希はしません。
愚直なまでの真面目さは、美希の美点です。

以上の二点について、せっかくの美希のいいところが台無しになっている。
俺にはそれが、違和感として見えたんですね。

ただ、この動画自体の完成度は、とても高いと感じました。
雰囲気、演出、台詞回しなど。
とても素敵なコミュだと思います。
でも俺の大好きな星井美希は、この動画の中にはいませんでした。
あの魅力的で可愛い美希は、この動画の中には見つかりませんでした。
それだけが残念です。
とは言え、俺の個人的な感想ですから。
こんな見方をしてるヤツもいる、程度に受け取ってもらえればと思います。

最後に。
美希に「の」とか「なの」とか言わせすぎ。
そんなに語尾に「の」や「なの」は使ってませんよ。
2009-06-21 21:46 : よた URL : 編集
ありがとうございました&参考になりました
まずは、動画を見ていただいてありがとうございます。

>>TomFさん
かなり裏で美希だったら、こうだったらと考えながら作らさせて頂きましたが、
グレゴールさん共々その考えている間とか動作一つ一つを見逃さず見て頂いて
言いたかったことをくみ取ってくれてすごく驚きました。

私のまだ始まったばかりの動画制作ですが、ここまで見ていただいていると思うと、
これから作る動画ももっと頑張って、そして動画で気持ちを精一杯こめて頑張っていきたいと思います。

>これほどまでに違和感を感じない捏造コミュは数えるほどしか観てこなかったです。

こう言っていただき、もう何といっていいのか・・・
もう、TomFさんに足を向けて眠れません><
本当にありがとうございます。

HPの方に以前から着ていたようで、気づくのが遅れて本当に申し訳ありませんでした。

>この部分は作者の穴掘りPに意図を直接尋ねてみようと思っています。
この部分で美希が私と言っているのは、
Pはアイドルを送り出すことは当たり前と考え、美希以外にもトップアイドルを目指すことと言っていると考えています。
その上で、誰とでも取れる「私」と一人しかいない「ミキ」との差をつけようと考えてみました。
しかし、これはちょっとした勝負でもあって、美希の一人称はミキというこだわりを持つ人には受け入れられない気もしています。
ここは、あくまで私の考える美希というところでしょうか。

>>たろうさん

ありがとうございます、この5分もない動画で美希をどれだけ表せるかそれが勝負でした。
まだまだ駆け出しの未熟者なので至らないところも多くあると思いますが、
たろうさんの美希のイメージと近いと言っていただき本当にうれしかったです。

>>グレゴールさん

>“担当Pとして”は、とても正しいものだったかと思います。
>“恋人として”は、たとえ可能性ではあっても、“他人に任せる”というのは、少し寂しく思いました。

そうですね、今回のこのコミュではプロデューサーと美希の立場、成長している美希の考え方などを中心的に考えました。
娘のように育ってくる美希を、そう言ってみていただける、本当にありがたいことです。
また、こういった作品を作れるようにコミュを何度も見返しながら構想を練ってきますねw

>>よたさん
違和感としてどこが足りないか、そしてここをこうした方がいいというかなり具体的なことを言っていただきありがとうございます。

>ここで人垣を無理に分けてでも、支えに行くんじゃないか?
>何かあったときに「掴まれ」と言って手を差し伸べるだけじゃ、守りきれないと思うんですよ。

そうですね、美希のあの言動は時として大きく敵を作ってしまう。
Pとしてはしっかりと抱える位のことはしてあげるべきでした。
美希からではなくPから動くことが当たり前なのに・・・

>美希と一緒に目指せる大きな目標を言って欲しかった。
>二人で一緒に目指して行ける目標を掲げて欲しかった。

そうですね、やっぱりそうした方が違和感無かったんでしょうかね。
美希も疲れている状況を考えて、そしてPと美希の距離感を考えたんですが、
ちょっと空回りしてしまった感でしょうか。

>お前呼ばわりするな

はい、まさにその通りです。申し訳ありません^^;
仰る通り、Pがアイドルをお前呼ばわりしたことはありませんでした。
こういう時だから・・・とも思ったんですが、浅はかでした。

>問題の2つのシーン

確かにおっしゃる通りです。
今自分の作品、そして美希を見直してもやはり違和感として残ってしまいますね。
今回の視線では、私としては耳を傾け集中しているように見せたかったというのがあったんですが、
よたさんのいうように正面からしっかりとさせたほうがよかったですかね。
駆け引きもある程度向き合っている状況の美希ならと考えたんですが、裏目に出てしまったのでしょうかね。

>そんなに語尾に「の」や「なの」は使ってませんよ。
申し訳ない、美希をあれだけ見ているのに、頭の中ではのやなのを使っている感覚が抜けなくて・・・
もう何周か美希コミュを何度も見て勉強しなおしてきます^^;

この動画を作ってるときに
まっすぐな美希を消してしまってるのではないか、
動画を作る時そう考えてふと手が止まることが何度もありました。

全部の視聴者に認められることはないですが、
こうして教えてくれたり、またほめてくれたりしていただける限り、
頑張って精進していきますので、よろしくお願いします。

拙い文章でかなり長文となってしまいました…申し訳ない
2009-06-22 04:53 : 穴掘りP URL : 編集
2日目 お二人にまとめて返答
ぐあっ・・・ どこから書こうw
と、とりあえず、もう よたさんと穴掘りPへの返事はポイントごとに一緒に済ませてしまいますw

☆挨拶
>>穴掘りP
まさかお越しいただけるとはww
作品にミソつけちゃわないかどうか心配だったんで、
実はあんまりこの記事は宣伝していませんし、書きたいことをぶち込んだだけなんですからw
なので、お礼を云わせて貰うのはこっちの方ですぅ~。
因みに現在私は関西に住んでいます!ww

>>よたさん
いつもお付き合いいただきありがとうございます。
そして今回も素晴らしいコメント!
私なんて穴掘りPの作品を取り込んでコメントしただけなのに、
こんなに読み応えのある文章をいただけるとは・・・
本当、嬉しいなぁ。

☆美希のPが腕を伸ばすだけで、美希へ突進しない件
>>よたさん 
>美希のPなら、ここで人垣を無理に分けてでも
あれ? だってここは最初の
「美希っ!」
で、カメラが思いっきり寄ってますからPが美希の腕か肩かをつかんで一度引き寄せているんでは?
だってバランスを崩したんなら普通支えに行くものでしょう。
「掴まれ!」ってPが言ったのは
美希のほうからもPの服なり腕なりを保持するように促したように見えたんですがどうですかね?
何故ならその後で美希がさっきより離れて行きますから、
「ありがとなの」は美希がPの顔を見るためにPのどこかを掴んだまま、
手の届く範囲で距離を置いたんだと思っていました。

>>穴掘りP 
>Pとしてはしっかりと抱える位のことはしてあげるべきでした。
あ、作者が何か言ってますが・・・のヮの
(いや、もう自分の中では独自のイメージが出来てたんで^^)


☆美希のPの「成功」のイメージがこじんまりしててNO GOOD
>>よたさん 
>美希と一緒にトップアイドルを目指しているPが、「最低限の成功かな」なんて小さなことは言って欲しくない。
なるほど。確かに実は私もここは引っかかっていました。
というのも、Pは美希を育てる事に情熱を傾け過ぎて自分自身の夢をしばしばおろそかにしていると言うか。
優先順位的にそうなってしまっている節があると思います。
しかしこれは公式コミュの方でもなんとなくそういった面が見え隠れしているんじゃないかと思います。

>>穴掘りP 
>Pと美希の距離感を考えたんですが、 ちょっと空回りしてしまった感でしょうか。
ここでたろうP登場。
>花火ってそうなんですよね。 妙に先のこととか決意みたいなのを連想させてしまうというか。
>ひと時の輝きなんですけどね。 壮大だからかなぁ。。。

芸能界の華々しさは花火に似て、一瞬のものであることが多いです。
これを受けてこの時のPは感傷的・・・になっていたんだと解釈しておきます。
それでも確かにここのPは美希を一人前にするという事に集中しすぎて自分よりも美希の独り立ちを優先しています。
ちょっと保守的過ぎるかも知れませんね。まだ、若いのにw
でも今でなくても美希が、いつかきっとPの元々持っていた夢を思い出させてくれるでしょう。

お二人には余り関係ないけど、sublockさんからここの記事と「美希との成功」について一言いただきました。
http://jetcowboy.blog59.fc2.com/blog-entry-158.html


☆「お前」
>>よたさん
>確かどのアイドルのコミュでも、Pがアイドルの事を「お前」と呼んでたことは無かったと思ったんですけど。
あー。思わず美希コミュだけでも全部見返しそうになりましたww
ほんっっっっっっと良く見ていますねw
よたさんと違って私は公式だけじゃなくてノベマスとかからもイメージを引っ張ってくることが多いので、
情けない事に「お前」発言自体は春香のPで慣れちゃってましたw。
でも、確かに美希のPは美希に対して「お前」呼ばわりしないでしょうね。
いつも幼子を扱うように優しく、時々厳しくも美希が納得できるように語りかけるのが美希のPのイメージです。
よたさんGJ。

>>穴掘りP
>こういう時だから・・・とも思ったんですが、浅はかでした。
あの、あれです。美希に過去をつつかれて動揺してたんでしょう。彼ww

☆美希?
>>よたさん
>美希はこんな駆け引きはしません。
>自分の欲求は素直に口に出して言ってきます。
>(ry)なんていう駆け引きが出来るほど器用な真似は出来ません。 その不器用なまでの素直さが、美希の魅力の一つです。

一日目で私の勘が当たりましたね。つまり
>自分にこのコミュがすんなり入ってきたのと同じ理由でよたさんには受け入れられなかったんじゃないでしょうか
ナイス自分の勘w
つまりはこういうことです。私はここの美希を見て「成長したな」と、しみじみ感じ入っている部分は、
同時によたさんにとって受け入れがたい部分であったと言う事ですね。
この違いはやはり私とよたさんの立ち位置がダイレクトに作用してしまったんではないでしょうか?
この点はちょっと長くなるので最後の部分にまとめます。

>>穴掘りP
>駆け引きもある程度向き合っている状況の美希ならと考えたんですが、裏目に出てしまったのでしょうかね。
私はPとの付き合いもある程度長くなってきたし、
基本美希は頭の回転の早い子だと思ってますからこれくらいはやる・・・と思っています。
それに美希は相手を喜ばせたり、弄ったり(凸ちゃん等)することを日常的に好み、実践します。
よたさんは「美希は子供(略)自分の欲求は素直に口に出して言ってきます。 」
と、おっしゃってますが、口に出していないからといって素直に表現してないというのは性急なんではないでしょうか?
全身で「一緒に花火を見に行きたいっ!!w」と、言っているように私には見えます。
が、よたさんの事が怖いので、この件についてはこの辺でww

☆美希が正面を向いていないのはおかしい?
>>よたさん
>こんな真剣な話をしてるのに、相手の目も見ない、なんてことは美希はしません。
そうですね。美希は真面目な子で、人と相対するときは特に真面目に取り組んでいます。
そしてそれは自分の気持ちを素直に表現するという形で主に実践されています。
周りからゆとりだのなんだのと云われるのは、美希が相手に対して誠実であろうとする事が周りにはなかなか理解されないためでもあります。
だから嘘をつかないし、嫌なことは嫌とはっきり言う。
よたさんの言うとおり、ここでの美希を見ると「美希のいいところが台無しになって」います。
と、言う事でフォロータイム開始ww

>>穴掘りP
>よたさんのいうように正面からしっかりとさせたほうがよかったですかね。
2日目の本文に書いたとおり、私には「美希が悩んでいる」ように見えます。
よたさんの言う「美希のいいところ」をこの美希の目線で美希自身が殺してしまっているのは間違いないでしょう。
ですが、ちょっと待ってください。
美希は本当に真面目で素直で、相手をまっすぐ見てきたでしょうか?
私はよたさんの文章を読んだときに、お姉さんの菜緒さんを頭に思い浮かべました。
お二人にも美希の鉄棒の話を思い出して欲しいのですが、あの一件から美希は自分の可能性に自信を持てなくなっています。
美希が一見して不真面目な態度を取るのは、その「自分を信じれないという気持ち」に正直だったからですよね?
言うなれば彼女は、自分自身の可能性や未来と直面することから逃げてきたと言えると思います。
つまり誰に対しても誠実であろうとしていた美希ですが、自分自身に対しては不誠実だったのではないかと。
ここでこのコミュの話に戻りますが、美希はPの事をまっすぐみていません。
ですが、本当にまっすぐ見ていなかったのはPのことではなく、美希自身だったんではないでしょうか?
美希にとってPが自分に誠実なのは、これまでP自身が行動をもって常に証明してきているので解かっていたはずです。
ですから、ここで美希が憂いを帯びたかのように俯きがちになっている間、
彼女は「Pから見た自分」を知ることで「自分自身と向き合おうとしていた」のではないかと・・・
斜め下を見ているのは自分と向き合うことがまだ不安だったから。

また横道に逸れますが、鉄棒のエピソード。その時の美希の両親の事に触れておきましょう。
美希が逆上がりが出来なくて、それでも頑張っているのを両親が止めさせてしまった・・・と、いう話ですが、
逆上がりが出来なくて、美希は出来ないことが悔しくて頑張っていました。
しかし、彼女は誰のために頑張っていたのでしょう?
これは簡単なことです。美希の性格からして彼女の両親以外に誰がいるのかと。
なのに、「出来なくてもいいんだから」といって美希の両親は美希に頑張る事を止めさせてしまいます。
美希は二人に喜んで欲しくて頑張っていたのに、他ならぬその二人から「期待していないよ」と、言われたように感じたのでは?
頑張った事は認めてくれなかったのに、その一方で生来から備わっていた要領の良さや容姿は周りから評価される。
鉄棒の時に、美希の心は凄く傷ついたと思うんですよね。
そして、その時から美希は新しい傷を負うかもしれないような状況から逃げて来たんではないかと。
そして更に言うなれば、美希は時折頑ななまでに本気を出すことに抵抗しますが、
あれは単に逃げていただけではなくて、無意識のうちに両親に反発していたんじゃないかとも思うんです。

横道にそれまくって再び、花火コミュです。
美希はPをまるで親鳥のように見ているところがあると思います。
インプリーティングでしたっけ?雛が最初に見た動くものを親だと思い込むあれです。
私は、美希は一見、生まれたての雛のように純粋に見えるけれども、
その実、心に傷を負った普通の女の子に過ぎないとも思うんですよ。
ですから、何故ここで美希がPにこのような質問をしたかというと、
「親と自分」という関係性を、もう一度やり直したかったんじゃないかなーと。
その上で、斜め下の目線は
 ・その傷を負った自分とまだ向き合いきれていないという事。
 ・親と自分自身に向き合えるかどうかの自信の無さの表れ。
であったんだと、私は解釈しました。
そして直前まで向き合えきれていなかった美希がいたからこそ私は、
Pの言葉を聞き終えた後でPを、そしてその目に映った自分をまっすぐに見据える美希の姿を、
立派だと思えたのではないかと。


☆まとめ
まあ、こんな感じで無理やり補完してみましたっ☆w
でも、よたさんの不満も聞かされてみると理解できるんですよね~
そして、今回でよたさんと私の違いが更に浮き彫りになったような気がします。
それは「俺の美希」像を持っているか持っていないかです。

よたさんはこう仰っています。
「俺の大好きな星井美希は、この動画の中にはいませんでした。 」
やはり私と違ってSSを書いているだけのことはあります。
自分の(大好きな)星井美希がいなかった。・・・と。
と、言う事はこの美希とは別に、よたさん「の」星井美希がいるという事なんですよね。
いいか悪いかは判りませんが、私は違います。
最低限の可能性判定(主に物理的、時間軸的なもの)をクリアすれば、
後はもうそこにいる美希を理解しようと努力するだけです。
なぜ、美希がこのように振舞ったのか。その理由をこじつけでもいいから捻り出します。
そもそも自分で美希をプロデュースしたことも創出した事もない私なので、
もう、こうすることでしか彼女と関われないんですよね。

ですからせめて、愛情を持って描き上げられた美希と、
その美希がいる世界くらいは、これからも受け入れ続けていきたいと思っています。



・・・長くなりました。よたさん、穴掘りP。お付き合いくださりありがとうございました。
何かおっしゃりたいことがありましたら、コメントタイトルに○日目と記入して書き込みください。
あと、もし よたさんと穴掘りP以外にこのコメントを読んだ人がいたら謝ります。(文章量削減の努力的な意味で)
自分で読んでもコリャ長過ぎるわw
(具体的にはグレゴールさんに足を向けて寝れないってことですw)
2009-06-23 00:27 : TomF URL : 編集
>>Tomさん
今回はあっさりと。
前コメも後半を丸々カットしてあの長さですからね、俺はwww
と言うわけで、語り足りないのとコメレスも兼ねて、俺のブログで語る事にします。
どれだけの長文になるか、予想が出来ませんwww
2・3日お待ちください。
・・・あ、SSも書かなきゃ。
まだ仕上がってなかったんだ。orz
2009-06-23 00:44 : よた URL : 編集
2日目
>Pとしてはしっかりと抱える位のことはしてあげるべきでした。

もちろん、Pからも手を伸ばして引っ張ってますが、美希からも手を伸ばしているという感じで作ったのですよ。だから、Pが率先して抱えるくらいのリアクションの方がよかったのではないかという意味合いでコメント残しました。分かり辛くてすみません^^;

お二人の意見や、考え方の違いなど、色々とまだまだ勉強不足な所が否めませんが、お二人のようにかなり(私が考えていることを超えて)見て頂いていることで、私も、そして私の美希も頑張っていけると思います。

タイトル2日目にしておきました~

P.S.
私も語りが長くなって申し訳ないです・・・
2009-06-23 01:42 : 穴掘りP URL : 編集
2日目
>>よたさん
ああ・・・行っちゃうんですか?w
ウチで語ってくれても一向に構わないんですよっ。
っていうか、SS書いて動画見て、紹介して、この量と内容で書き足りないって・・・すげえええええw

>>穴掘りP
>Pが率先して抱えるくらいのリアクション
まあ、それだけ混んでいたんでしょう。
長良川の花火大会では5km近くもよちよち歩きでしたよ、人ごみでw
それを思うとちゃんと届いたんだから良かったんではないかと。
それに、演出上。Pが美希を抱えていないという描写はありません。
手を伸ばして、引き寄せて、抱きかかえて「大丈夫か?」
この流れでもいけるんじゃないかと。ていうか私の中ではこれにしよう。
実際美希がアップになったところは、私にはもう美希がPの腕の中にいるとしか見えませんしw

それと○日目は一応2日目でお願いします。3日目で美希がPを連れ回すコミュへのリンクを貼ってみたいもので。
以前「太陽と月と星と」というエントリでコメントがどの日付について語っているのかわかりづらいことがあったので、
タイトルのこれは、その対策みたいなものです。

語りが長い? ふっ。私のほうは燃え尽きましたよプロデューサーさんw
正直よたさんの意見に無理やりにでも反論してやるって感じだったりするんですが、
何とはなしでもつじつまが合ってればいいやと思ったりしてます。
アイドル自身と同じで、作品ってのは見る人の分だけ結像するってことで、
今回のコメント応酬にしてもただの一般人の意見の一例とだけ受け止めていただければ嬉しいです。
実際私一人にしたって時間が経つとアイドルや作品に対する解釈とか変わりますからねー
2009-06-23 02:29 : TomF URL : 編集
2日目
>>Tomさん
>ああ・・・行っちゃうんですか?w
そんな、引き止めちゃっていいんですか?
語っちゃっていいんですね!www
先週凹んで何もできなかった反動で、えらいテンション上がりまくってるんですよ俺は。
どうなっても知りませんからね。w
と言う訳で、一つ一つレスしていきますよ。

>美希のPが腕を伸ばすだけで、美希へ突進しない件
>Pが美希の腕か肩かをつかんで一度引き寄せているんでは?
俺もそう見えなくもなかったんですが、やはり中途半端さは否めません。
穴掘りP自身も言っているように、積極さに欠けていますからね。
ここ一番の時には、考えるよりも体が動くくらいでないと、美希は守りきれませんって。

>美希のPの「成功」のイメージがこじんまりしててNO GOOD
>美希を育てる事に情熱を傾け過ぎて(ry
元々はきちっと自分の夢を持っていたはずが、いつの間にか美希をトップアイドルにする事に摩り替わってしまっている、と言う感じですかね。
穴掘りPが疲れた美希を気遣っての事のように言っていますが、それは逆効果のような気がするんです。
やはり真剣に質問してきた事には、真剣に答えるべきだと思うんですよ。

>美希?
>私の勘が当たりましたね
正にその通りです。
ただ、穴掘りPの言わんとしている事も理解できないわけではないんです。
ここのところは、最後に回します。

>「お前」
>春香のPで慣れちゃってました
言われて見ると、春香のPって「お前」呼ばわりしている方が多いですね。
何故か違和感なく受け入れてる俺って・・・。orz
これも最後にまとめさせてもらいます。

>美希が正面を向いていないのはおかしい?
>鉄棒のエピソード
ここでも俺とTomさんの間に、大きな認識のズレがありました。
何よりも美希が逆上がりを頑張っていた理由です。
俺は、単にできないのが悔しくて、出来るようになりたかっただけだと思っています。
別に両親に喜んでほしいとかは、考えてないと思います。
これにはれっきとした理由があって、俺がそうだったからなんですね。
俺には二つ年上の兄がいまして、小学生の頃には最大で30㎝以上の身長の開きがありました。
兄は背が高く、体つきも標準よりややいい方でした。
対して俺は小柄で細身。
何をやっても兄のようには出来ず、悔しい思いばかりしてきました。
鉄棒の話の美希は、そんな俺の記憶とイメージがダブるんです。
俺と美希の違いと言えば、美希の両親が優しかった事ですかね。
それが美希にとって、マイナスになってしまったんですけど。
「出来なくてもいいんだよ」と言われたことが、「頑張らなくてもいい」と言う認識に摩り替わってしまったんでしょう。
まだ幼かった美希には、仕方ないことだったと思います。
でも、実は美希自身もそんな両親に対して、疑問を持ってたんですよね。
アイドルマスター 夜の星井美希 30D ある日の風景3
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1316877
丁度この捏造コミュと、被る時期でしょうか。
ランクDの頃のお話ですから。
頑張る事を憶えてきた美希にとって、両親の甘さが不自然に思えてきたんでしょうね。
そう、美希は鉄棒を頑張る事をやめさせられた事で、「自分が期待されていない」と思ったのではなく、「頑張らなくてもそこそこ出来てればいい」と勘違いしていたんだと思うんです。
だから頑張る事を怖がっていた訳でも、自分の可能性に自信をもてなかった訳でもないんだと思います。
今まで一度も本気で、全力で頑張った事がなかったから、どんな結果になるのかが分からなくて不安だっただけなんだと思ってます。
だから鉄棒の一件は、美希に傷を残したわけでも、自分の可能性に自信をなくしたわけでもないと思います。
穴掘りPは、耳を傾けて集中しているように見せたかったと言っていますね。
その考えは理解できます。
イメージとしては、こちらに耳を向けている姿を見せているわけですから、後は見ている我々の感じ方の問題なんだろうな、とも思います。
しかし、真剣な話をしているときなんだから、やはり正面を見てほしかった、と言うのは単なる我侭ですかね。www

>まとめ
さて、最後に残した二つについてですが。
あまりに長くなりすぎたようなので、またの機会にしましょう。www
と言うか、俺のブログの記事で語らせてもらいます。
せっかくのネタを、ここで使い切るなんてもったいないですからね。

あぁ、一言だけ。
>私のほうは燃え尽きましたよプロデューサーさんw
何を仰いますか。
俺はまだまだ、語り足りませんよ!wwwww

2009-06-23 22:58 : よた URL : 編集
>>よたさん
>語っちゃっていいんですね!www
とかいっといて結局ご自分のブログに移動するんですねw
しかし確かにかなりこの記事ページ伸びましたからね・・・縦に。

>やはり中途半端さは否めません。
抱きしめると見るには演出が弱いですね。
しかし、私ビジョンでは充分そのように見えるというw

>やはり真剣に質問してきた事には、真剣に答えるべきだと思うんですよ。
真剣だったと思いますよ。
でも、美希に対してPはもっと自分自身の大きな夢を語るべきだったとは思います。
美希の成長を本気で望むにしたって「美希を一人前で、最高のアイドルに育てる事」と、
はっきり口にしたほうが「最低限」なんて答えよりよかったでしょうね。
夢を共有したい・・・つまり、パートナーになって欲しいって方向性でもいいんですが、まあそんな感じ。

>大きな認識のズレがありました。 何よりも美希が逆上がりを頑張っていた理由です。
どうでしょうね?
でも、よたさんの話を聞いていると、どんどんそんな気がしてきましたwww
だからー、私は「私の美希」を持ってないから、他の人のイメージで後から後から上書きされていってるんですってw

>「自分が期待されていない」と思ったのではなく、「頑張らなくてもそこそこ出来てればいい」と勘違いしていたんだと思うんです。
>だから頑張る事を怖がっていた訳でも、自分の可能性に自信をもてなかった訳でもないんだと思います。
>今まで一度も本気で、全力で頑張った事がなかったから、どんな結果になるのかが分からなくて不安だっただけなんだと思ってます。
ここ、正直自分でも難しいんですよね。
裏の美希がPに対して鉄棒の事を「嫌な思い出」といっているのが、
美希にとってどういう意味での嫌だったのか、未だに良くわかんなかったりします。
他にも波止場の「ミキ、変わる」とかいうコミュで、「急にじゃないの、ずっと前から思ってて」(だったかな?)という台詞の、
ずっとっていうのが具体的にはどの辺りからなのか?とか、考えが纏まってないところとか結構あります。
それでも、当座の間 穴掘りPの今回のコミュについては、
美希が親と自分に向き合って行こうと決めた、そのきっかけになったコミュだと受け止めておこうと思います。

>やはり正面を見てほしかった、と言うのは単なる我侭ですかねwww
”この世界の美希はそれができなかったんですよ。”
とだけ。そのように見ると確かによたさんの我侭ですが、正直でいいと思います。
それにしても、色んなところからつっこまれて、ニコマスPとかSS書きさんとかって大変ですねー(遠い目)

☆まとめ
美希の行動を不安から来るものか、怖さから来るものか、親への反発から来るものかは
いくつかコミュを具体例に挙げて語ることも出来るのですが、それはまた今度の機会にということでよろしく。
んじゃ。その内本エントリの3日目をあげることにします。その時は告知用エントリでお知らせしますが、
単にコミュ動画を並べるだけですから読み甲斐のある記事にはならないでしょうねw
2009-06-24 21:07 : TomF URL : 編集
まだまだ2日目
>Tomさん
うほほ、返レスきてれぅ♪

>確かにかなりこの記事ページ伸びましたからね・・・縦に
でしょう?
自分のコメント探すのにも苦労してるんですよwww
でも、今書いてる途中ですけど、俺の記事もかなり伸びてます・・・・・・やっぱり縦にw

さて、これ以上伸ばすのもアレなんで、前コメにて最後に回すと言ってた事だけ。
>美希?
>私の勘が当たりましたね
そうです、俺の中にある固定された美希のイメージ。
所謂「俺の美希」と言う存在が、違和感を生んだきっかけになってます。
でも実は、その土台になってる「公式の美希」の方が影響が大きいんです。
このコミュが「公式の一年」の一コマなのか、「穴掘りPと美希の一年」の一コマなのか。
詳しくは俺のブログで書きますので、見に来て下さい。

>「お前」
>春香のPで慣れちゃってました
何故春香のPが春香を「お前呼ばわり」してるのに、気にならないのか。
理由は・・・・・・分かんないwww
どうしてでしょうね?
今後の研究課題に、最重要マークを付けて置きましょうか。
ただ一つだけ。
春香をお前呼ばわりしてるPって、春香と「一年の活動を超えた」Pがほとんどじゃないでしょうか?
もちろん全員ではないはずですけど。
「あの」EDの後、さらに「二人で」活動を続けているPが、よく春香を「お前」と呼んでるような気がします。
・・・・・・つまりは、そう言うことなんじゃないでしょうか、ねぇ?

さて3日目はどんな語りをさせてくれるんですか?
未だに語り足りなくて、ウズウズしまくりで待機してますからね。
2009-06-24 22:04 : よた URL : 編集
多分2日目最後
そうそう。
春香のPが春香を「お前」呼ばわりしてて、尚且つ美希も登場するノベマスを最近見てましたわ。私。
つ性のABC http://www.nicovideo.jp/watch/sm7325375
そりゃ、春香のあのフリーダムなキャラクターには「お前」呼ばわりもしてしまおうというものでしょうw

そうそう。
美希が目線で相手をコントロールするのは確かに難しいかも知れませんが、
春香さんなら余裕ですね。
つはるかっか 83 http://www.nicovideo.jp/watch/sm493716
流石わた春香さん。83で押せ押せな・・・げふんっ

いや、だから3日目はさらっと行くつもりなんですってw
ていうか2日目だって普通に軽い気持ちでコメントして行っただけでしたからね。
2009-06-24 22:10 : TomF URL : 編集
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Motion Calendar

全ての記事一覧へ
プルダウン 降順 昇順 年別

表示中の記事

  •  スポンサーサイト
  •  紹介させてください! 穴掘りP 【5mium@s】夏の思い出・・・(美希捏造コミュ)
  •    --年--月--日 (--)
  •    --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  •    2009年06月17日 (水)
  •    22時06分09秒

Tip Comment

  • 01/01:よた
  • 08/23:TomF
    TomFの2011年上半期ニコマス20選(2)
  • 08/22:ptyannP
    TomFの2011年上半期ニコマス20選(2)
  • 07/03:TomF
    7月2日は千早記念日
  • 07/03:よた
    7月2日は千早記念日
  • 06/10:TomF
    交差する季節
  • 05/29:TomF
    マジでコメできなかった

タグクラウドとサーチ

> tags
竜宮小町 律子 iM@Sオールスター 美希 千早 春香 人力Vocaloid 8月29日は真の誕生日 あずさ 伊織 961プロ キッズソングM@STER 貴音 NovelsM@ster 20選 アイドルマスター 生放送 namco ニコマス 時雨P やよい 非アイマス ジュピター 真美 亜美 PC 5月22日は亜美真美の誕生日 pixiv 5月5日は伊織の誕生日 3月25日はやよいの誕生日 小説 まっつP 高木社長 iM@SエディテッドPV うさちゃん アイマス紙芝居 コミュ πタッチ ねーよwwwP 蜂矢さん M@STER_FONTS アイマス⇒アイマス2 ニコマスアニメチャンネル みきちは MMD MMDM@ster アイマスRemix VOCALOID ボクセル風アイマス 赤ペンP mitさん アイマス公式 エースコンバット 雪歩 ネギリボンP Voc@loidM@ster PolyM@ster 人力VOCALOID ぷっつんP ねおごはんP 七夕P 2010年下半期ニコマス20選 蝉丸P ドリ音P メカP RidgerP 爽快P 初音ミク 12月24日は雪歩の誕生日 イベント 紳士の社交場 ドラえもん 映画 考察 小鳥 whoP 11月23日は美希の誕生日 ごP つかP 16歳トリオ ベホイミP 宇宙 科学 JAXA スナフキンP やよいおり iM@SメモリアルPV さきかけP ノベマス gouzouP コミュ動画 伊織コミュ 企画 10月10日は響の誕生日 ウィンウィンP テンプレート みなみむきP 鏡音リン ガラスのハートP tloP 無用ノ助さん ぼうP たろうP アイドルマスター2 「アナタのヒトコト」 たろうP ニコニコ動画 ソフトウェア 少年P tinoP べろちょろP すまーとくっきーP やなぎP 841合作 合作 あかしP 9月9日は小鳥さんの誕生日 西岡P twitter 亜美・真美 エレクトロニカ NIC@_M@STER 卓球P ラジオ NimcaP アイドルマスター2 アニメ れぅP 美希20選 婿固めさん 20選 ハルカニ hsc 7月19日はあずさの誕生日 remembrance 2010年上半期ニコマス20選 ねーよwwwP 6月25日は愛の誕生日 6月23日は律子の誕生日 はしP パラレルワールド はやぶさ remambrance モアモアP 箱の外から ごまP ゆきまこ ヒトコトメモ R(略)P レスター伯P えびP ソフト紹介 赤ペンP ジャバラP フランP gouzouさん ガラスのハートP フィロソP 卓球P 七夕P まーちP dbdbP のヮの アイマス公式曲MAD MASTERSPECIAL アイマスP合作動画 コメントアート junP 宇宙コミュ 4月3日は春香の誕生日 重音テト UTAU 記事紹介 雅雪P 踊ってみた 演奏してみた 著作権 gase2さん まいなP ねーちん 風邪ひいちゃいM@STER 外からの視点 シラカワP りよ。さん 2月25日は千早の誕生日 かなえじゅん 同人誌 M@co.jP 世界の新着動画 ねんどろいどぷち えにこP アイマス人形劇 HoneyStarLive 2009年下半期ニコマス20選 2番P ペヤング 魔汁P すまーとくっきーP やなぎP はるちは ゾウリムP アイドル⇔アイドル 美希⇔美希 もう、ダメP 千早⇔千早 KushioakP 春香⇔春香 エコノミーP museP まーちP takoP みゆりP いちじょーP みそP ととすP クロノトリガー 黒井社長 Wii 水着マフラー GM ガンダム

PopアップサムネイルLinks

プロフィール

TomF(技術班見習い)

Author:TomF(技術班見習い)
FはニコマスのファンのF。
Pどころかファン代表Pですらなく普通にありふれたいちファン。しかしそれでもいいじゃないかって事でこの名前にしました。

※現在思うところがあり「F」は封印中...
※「F」を復活させました
  ただし使うのは基本このブログ内のみ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

pictlayer

一部の画像をクリックで拡大できます

DigitalClock

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。