スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

わたくしごと

■はじめに


前回のエントリ、凹んだのでブログを休止するというお話の続きです。
一応前々回のエントリに大量のリンクを仕込んだのですが、
例えこのブログの事情に詳しい人であっても状況説明足りえていないと思ったので補足です。
正直愉快な話ではない上に自分のことばっかり語っているので格納。




まず、この件について核となった動画をご紹介しておきます。



こちらです。
スクリプトを導入してアイドルアルティメットを模したtloPの動画で、一時期生放送でも大人気だった動画です。
ここに来られた方の中には記事を書いた方もいらっしゃるでしょう。
もちろん皆様の記事が好意的に書かれたものばかりなのは知っているのですが、
今から私が書く記事の方向性は真逆のものになるのでご注意願います。

また、この件に関しての自分の感情を説明するためには、
前エントリで述べた「ノベマスとSSに類するものから距離を置くようになった」こと
も説明しなければならないので、長くなるでしょうがまずはそこからやって行きたいと思います。





■シリアス系ノベマス&SSに関して距離を置くようになった経緯

私も以前はノベマスやSSをよく見ていました。
美希のファンとして美希のことが知りたい。もっと好きになりたいという動機が私のもともとの原動力でしたから、
公式コミュを何度も視聴したり、他のブロガーさんの考察やラジオなどでのインタビューを参考にしたり。
ノベマスで描かれる美希たちも本当に楽しく見させていただいてきました。

各所や過去のエントリで何度も述べているように私は箱未所持で美希たちをプロデュースしたことはありません。
想像力もPの方々ほど豊かではないので、私は
「美希の事情をある程度知ることのできるスタッフ兼隠れファン」という立ち居地に自分を置く事にしました。
現在、職人としてコメントアートを使って動画に干渉することがありますが、
それはスタッフ兼ファンとしてニコマスPと彼女達へのエールのつもりでやっているのです。
また、あくまで一介のファンに過ぎないので、自分からSSのようなものを書いたりすることをせず、
ニコマスP達によって動画やSSで描かれた彼女らを、まず受け入れることでニコマスを楽しんできました。


ですがいくつかの作品に触れて、その「作品に触れる時はまず受け入れることから」という姿勢が崩れ始めました。
前エントリで述べたきっかけになる動画とはいくつかあるのですが、最初にあげるべき動画はこれだと思います。



この動画についてはかなり前、
このブログの太陽と月と星とという長ったらしい記事の【五日目】
で言及したことがあるのですが、その要旨は

「美希のPが永遠に失われるような世界を何故whoPが作ったのか?」

というものでした。美希が大好きなニコマスPがどうして美希にとって取り返しのつかない結果もたらしたのかという疑問ですね。
これについてはコメントとトラックバックでよたさんが丁寧に答えてくれました。
感謝しています。
そしてそこでのよたさんの意見によると

「たとえどんなにつらい事があっても、美希にはトップアイドルを目指して欲しい。
美希なら出来る。
美希を信じて疑わないwhoPの思いの強さ・深さ。」


そこに素直に感動したとあります。
確かにそうであると思います。当時のwhoPの姿勢というものはある種劇中のPの振る舞いに似たところがありましたから。
ですが、私の胸中はやはり複雑なままでした。



次に挙げるのはR(略)Pの千早についてです。

whoPの動画で美希はPを失っていますが、この動画では千早はその美しい声を失ってしまいます。
これについてはR(略)Pご本人のブログにて意見を述べさせていただいたのでそちらを参照していただければ。

「自分の中の千早は、歌に依存し過ぎている、(略)だから、もしその”歌”が無くなってしまったら。」

という不安を抱いたことが略Pがこの動画を作成した動機ですが、
動画を視聴した当時の自分のテンションの下がり具合は結構なものだったと記憶しています。
これは先に述べた「ファンとしての自分」に自分を同化しているためで、
作品内で彼らの悲劇を目の当たりにしてしまって、私は初めてFullで視聴したニコマス動画へコメントを残せませんでした。
ですが この動画の後のR(略)Pの作品群は、私にある種吹っ切れたようなものを感じさせはしたのですが。




これはノベマスです。
初視聴だと2週目、3週目のコメントに引っ張られるし、ネタバレになるものも多いのでコメントOFFがいいと思います。
今思えば、爾後Pのこの作品からノベルと距離を置くようになった様に思えます。
私はいつしかニコマスPが彼女達の現実を作り出すことのできる、
彼女達にとって"神に等しい"存在である事を強く意識しはじめました。




そして数ヵ月後、5mium@sに参加したにわPが作ったこの作品が胸に突き刺さりました。
まるでノワール小説を思わせるような雰囲気。
視聴者へ突きつけられる"大人のずるさ"と"現実"。



各所で言われているようにニコマスは豊かな世界になりました。
こういった作品が出てきたのもその豊かさの証明になっているかも知れません。
ですが、この頃から私はその「どのような可能性でもありうる」ニコマスワールドに恐れを抱き始めました。
ここ数日をかけて、私は私がノベル視聴を控えるようになった理由を考えてみたのですが、
「ノベル形式がそのような世界観を形成するのにもっとも敷居が低いから」
というのが一番の理由じゃないかと結論付けました。
もっとも表現しようとすれば、別にノベマスでなくともPVでも何でも可能ではあるのですが。





■作品視聴前のよたさんとのやり取り

さて、やっと本題です。
上で述べた個人的状況の中でtloPのアイドルアルティメット動画がUPされました。
皆さんに当時の私の精神状態を把握してもらうには、恥をさらして(既に晒しまくっていますが)
よたさんの過去エントリウチの過去エントリを読んでもらうのが一番です。

読みましたか?それでは読んでいただけたと仮定して話を進めますが、
当時の私の例の動画に対する精神状態をヒトコトで表現するなら、

軽いです。

IUの勝負自体を重視せず。
軽い気持ちで「盛り上がりに寄与」するためにやよいと伊織両方に投票し、
結果についてもどちらが勝とうと構わなかったし興味もありませんでした。
動画のバックボーンとなるSSを読んでいませんでしたから当然です。
生放送で時折リクエストされるその動画を、普通に「楽しめる動画」だと受け取っていたのです。

その軽い気持ちが一気に沈みこんだのは視聴者投票によって勝敗が決し、
エピローグが発表された少し後でした。





■Honey-Star companyのエントリと tloPのニコマスへのアプローチ

この動画が自分にとって重大な意味を持つことに気づいたのはよたさんのエピローグ記事ではなく、
巡回先の一つであるHoney-Star companyに掲載された記事を読んでいるときでした。
それではここからは皆様が上と同じくHoney-Star companyの記事を読んだ上で話を進めます。

「tloプロデュースがよっぽど好きなファンか、
そのプロデュース姿勢に興味のある勉強家さんか、
tloPなんかだいっきらいなんだからなツンデレアンチさんのような、
追いかけて、多くを見知った人間でないと、彼のプロデュースの本質は計れないだろう。」

「もちろん、ただ動画を「楽しみたい」だけならば、
そこまで追う必要はなく、自分が見た素直な感想を大切にすればいい。」


この部分で、hscの中の人の云うところの「ただ動画を「楽しみたい」」だけの人の中に私が含まれていました。
一方、「追いかけて、多くを見知った人間」の中にはよたさんが含まれています。

hscのエントリを読んで、私もやっとtloPが現実のファンとアイドルという図式を再現しようとしたことは理解できました。
そしてその目論見は見事に成功したようですね。
視聴者としてtloPにオメデトウゴザイマスと云いたいです。
ですが、私が凹んだ理由は正にこの構図にありました。

よたさんは私のブログで「知らないでは済まされない」といいましたが、
私は「知らなければよかった」との思いを禁じえません。
私はニコマスファンとして普通に動画を見ていましたが、

アイドル達が体を売って仕事を取ってきてるだとか、
八百長による合格をやよいが経験してきているだとか、
美希のPが美希の恋心を仕事の道具として仕込み、利用しているだとか、

そういった世界から、そのような背景からこのような動画が出力されたのだと驚き…
そして後悔しました。





■ニコマスFとして

記事の最初の方で述べたとおり。
現在の私はニコマスの、美希のファンであるつもりです。
そしてニコマスP達は彼女達のプロデューサーではありますが、
それと同時に彼女達のファンでもあると考えていました。

つまりファンの延長線上にニコマスPがいるという認識です。
何の確証もなかったのですが、
私はそれを当然のことと認識した上でアイマスファンを標榜し、動画を楽しんできたのです。
ニコマスPの目線と視聴者の目線は当然、近くにあるものだと。
そう、思い込んでいたのです。


ですからこの動画の周辺事情を知って、私は複数のポイントで打撃を受けた気分になりました。
私はまず自分に腹が立ちました。
よたさんのコメントの温度の低さから劇中の二人の状況を察するべきだった。
なんて自分は鈍いんだ。という自己嫌悪。これが一つ目。

次にお気楽な気分のまま投票してしまい、そのことが彼女達の運命を決してしまった事。
私の票は、双方に一票ずつだったので、直接の勝敗とは微妙にずれたポジションにありますが、
それでも関わってしまったという事実が今でも私の心にのしかかっています。これが2つ目。

そしてtloPのようなプロデューサーがニコマスに現れることを予想できなかったという後悔が3つ目です。



私はまだtloPのSSは読みきれていませんが、
先に述べたような世界観が待っているのだとしたらきっと…
とても私には耐えられません。
これまでファンとしてなるべくニコマスP達の描く世界観を受け入れてこようとしましたが、

もう限界です。

ニコマス作品のいくつかは一人の人間である私のキャパシティーを超えようとしています。



しかも、間の悪いことに私の中で今回のtloP作品と現実の事件が重なってしまいました。
最近麻薬所持で逮捕された芸能人がいましたね。
私は"彼女"のことは全然知りませんでしたし興味もありませんでしたが、
私の友人に"彼女"のファンがいまして、その友人がショックを受けているのを見てしまいました。

もし、仮に、です。
その事件が誰かによって仕組まれた事であり、
彼女の不幸と立ち直りが演出されたものであったとしたならば…
彼はその仕掛け人を許すでしょうか?

アイドルの不幸を望むファンはいません。それが現実であろうとも2.5次元であろうともです。
そしてこれまで私がニコマス作品を拒否することもなくUPされた殆どの動画を受け入れてこれたのは、
ニコマスPがファンを兼ねているという点が大きな役割りを果たしてきていたと私は考えています。


ですがtloPのプロデュースは明らかにそれらのものとは一線を画しています。
hscの中の人がその記事の中で述べているように、
彼のプロデュースを理解しようと思ったらアイドルのファンやプロデューサーからの視点からではなく、
それよりももっともっともっと高い位置からの視点を持たねばならないでしょう。
しかしながら、もし仮に私にそれが出来てしまったとしたら……美希ファンとしての私はオシマイです。
その上tloPの描く世界は私がなんとなくアイマスワールド的だと考えてきたものと親和してくれません。

ですから…

ですから、これからは私はこれまでと違い、情報の取捨選択をしなければならないと感じました。
前々回のエントリのリンクタイトルに「どうすればよかったのか」と書いているのはそのことに関係した呟きです。
恐らく件のSSを読もうが読むまいが、IUの投票に参加しようがしまいが、いつかきっと私は後悔したことでしょう。
これが私が凹んでいた理由です。
何をしようと私は無力で、それでいながら彼女らの未来(つまり未来のニコマス作品に)に変化を及ぼせる立場にいた。
私は事が終わるまで…いえ終わるまでどころか誰かに知らされるまで、その事実を突きつけられていたことにすら気づかなかったのです。

それを思い知らされました。


tloPのSSは読みません。いえ、読めません。




■最後に

ヒトコトだけ。
初めからニコマスは自由でした。
ニコマスに関わる人たちはそれぞれどのように振舞っても構わないし、自由です。
ニコマスPは彼女達に何をさせてもいいし、世界をどのようにしても自由なのです。

私がさきの記事に「なんでもあり」だと書いたのは、なんの捻りもなくそのままの意味で。
初めからそうだったのです。
ただ私がその事に気づいただけのことだったのです。
関連記事

tag : ニコマス

2009-12-20 : 未分類 : コメント : 12 : トラックバック : 0
Pagetop
「軽い気持ちで見て投票した」者の一人として、横から失礼します。

私にとって、“怖いP”というのは何名かおられて、リンPやtloPといった方々がそうです。
(リンPとtloPの怖さは、違うものですが)
tloPの「秘蔵映像」には、本当に凹まされました。
当時、「凹みました」ってタイトルで感想を書いたよw
こちらはあからさまだった分、ある意味感情の折り合いが付けやすく、
今回、TomFさんが感じたショックの方が大きかったんだと思います。

ニコマス作品は(特にPVは)“賛歌である”という側面がとても強くて、
私にはそれが心地よいのですが、その讃え方は多種多様で、私達は、
本当の意味では“全てを受け入れる”ということはできないのかもしれません。

正直なところを言うと、tloPが(SSで)用意する舞台設定は、
私にはあまりに重すぎて、キツすぎて、かなりつらいです。
ですが、tloPの描く伊織が、やよい達が、私は嫌いではありません。
tloPが敷く“いじわる”に負けずに、頑張ってもらいたいと、そう思っていますw
tloPの描く世界観を受け入れるつもりはありませんが、
tloPの描く伊織は、受け入れたい。その毅然とした立ち振る舞いを讃えたい。
そういう意味では、私のような勝手な視聴者は、都合よく取捨選択をしているのでしょう。

なんか、とりとめなくてすみませんw 
何が言いたいかというと、「落ち着いたらまた更新してね~」ということでw
ではではw
2009-12-20 06:17 : グレゴール URL : 編集
何を言えばいいのか。
どんな言葉なら伝えられるのか。
考えがまとまりません。
ただ一つだけ確かな事。
周りが何を言おうと、どんな表現をしようと、Tomさんが感じた事がTomさんにとっての「真実」です。
それを見つけるためのお手伝いくらいなら、出来るかもしれません。
出来ないかもしれませんが。
もし何か思う所でもあれば、私信でも下さい。
俺に出来る範囲の事なら、お手伝いくらいしますよ。

2009-12-20 09:53 : よた URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-12-21 07:05 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-12-21 07:22 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-12-21 07:39 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-12-21 07:58 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-12-21 08:34 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-12-21 22:10 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-12-22 00:51 : : 編集
>>グレゴールさん
その世界の中の伊織なので切り離して考えることは私には難しいと思います。
それでもご意見ありがとうございました。


>>よたさん
「真実」は人の数だけ存在する。
当たり前の事のようですが、
それこそ私が今まで気づいていなかったことかも知れません。
親身になったご意見をくださり、ありがとうございました。


>>秘密コメントさんたち(実は一人)
(実は一人)とか書くと勘のいい人は誰だか気づいちゃうかもですが、
気にするあなたではないし、私も気にしません。
それでは色々とアドバイスありがとうございました。
2009-12-22 20:55 : TomF URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-12-30 09:41 : : 編集
>>秘密コメントさん
申し訳ありません。
秘密コメントって管理ページにしか通知されないんでしたね。
おかげで気づくの遅れました。

最後の一文についてはどうぞどうぞ。
私としてはあなたのリアクションを待つまでもなく、
はてなブックマークがどういったものであるかわかっただけでも収穫です。
間接的とはいえ反応が見れて有意義でした。

…もし機会取れるなら「拙い文」は余計だと言っておいてくださいw
2010-01-01 21:38 : Tom URL : 編集
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Motion Calendar

全ての記事一覧へ
プルダウン 降順 昇順 年別

表示中の記事

  •  スポンサーサイト
  •  わたくしごと
  •    --年--月--日 (--)
  •    --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  •    2009年12月20日 (日)
  •    00時00分00秒

Tip Comment

  • 01/01:よた
  • 08/23:TomF
    TomFの2011年上半期ニコマス20選(2)
  • 08/22:ptyannP
    TomFの2011年上半期ニコマス20選(2)
  • 07/03:TomF
    7月2日は千早記念日
  • 07/03:よた
    7月2日は千早記念日
  • 06/10:TomF
    交差する季節
  • 05/29:TomF
    マジでコメできなかった

タグクラウドとサーチ

> tags
竜宮小町 律子 iM@Sオールスター 美希 千早 春香 人力Vocaloid 8月29日は真の誕生日 あずさ 伊織 961プロ キッズソングM@STER 貴音 NovelsM@ster 20選 アイドルマスター 生放送 namco ニコマス 時雨P やよい 非アイマス ジュピター 真美 亜美 PC 5月22日は亜美真美の誕生日 pixiv 5月5日は伊織の誕生日 3月25日はやよいの誕生日 小説 まっつP 高木社長 iM@SエディテッドPV うさちゃん アイマス紙芝居 コミュ πタッチ ねーよwwwP 蜂矢さん M@STER_FONTS アイマス⇒アイマス2 ニコマスアニメチャンネル みきちは MMD MMDM@ster アイマスRemix VOCALOID ボクセル風アイマス 赤ペンP mitさん アイマス公式 エースコンバット 雪歩 ネギリボンP Voc@loidM@ster PolyM@ster 人力VOCALOID ぷっつんP ねおごはんP 七夕P 2010年下半期ニコマス20選 蝉丸P ドリ音P メカP RidgerP 爽快P 初音ミク 12月24日は雪歩の誕生日 イベント 紳士の社交場 ドラえもん 映画 考察 小鳥 whoP 11月23日は美希の誕生日 ごP つかP 16歳トリオ ベホイミP 宇宙 科学 JAXA スナフキンP やよいおり iM@SメモリアルPV さきかけP ノベマス gouzouP コミュ動画 伊織コミュ 企画 10月10日は響の誕生日 ウィンウィンP テンプレート みなみむきP 鏡音リン ガラスのハートP tloP 無用ノ助さん ぼうP たろうP アイドルマスター2 「アナタのヒトコト」 たろうP ニコニコ動画 ソフトウェア 少年P tinoP べろちょろP すまーとくっきーP やなぎP 841合作 合作 あかしP 9月9日は小鳥さんの誕生日 西岡P twitter 亜美・真美 エレクトロニカ NIC@_M@STER 卓球P ラジオ NimcaP アイドルマスター2 アニメ れぅP 美希20選 婿固めさん 20選 ハルカニ hsc 7月19日はあずさの誕生日 remembrance 2010年上半期ニコマス20選 ねーよwwwP 6月25日は愛の誕生日 6月23日は律子の誕生日 はしP パラレルワールド はやぶさ remambrance モアモアP 箱の外から ごまP ゆきまこ ヒトコトメモ R(略)P レスター伯P えびP ソフト紹介 赤ペンP ジャバラP フランP gouzouさん ガラスのハートP フィロソP 卓球P 七夕P まーちP dbdbP のヮの アイマス公式曲MAD MASTERSPECIAL アイマスP合作動画 コメントアート junP 宇宙コミュ 4月3日は春香の誕生日 重音テト UTAU 記事紹介 雅雪P 踊ってみた 演奏してみた 著作権 gase2さん まいなP ねーちん 風邪ひいちゃいM@STER 外からの視点 シラカワP りよ。さん 2月25日は千早の誕生日 かなえじゅん 同人誌 M@co.jP 世界の新着動画 ねんどろいどぷち えにこP アイマス人形劇 HoneyStarLive 2009年下半期ニコマス20選 2番P ペヤング 魔汁P すまーとくっきーP やなぎP はるちは ゾウリムP アイドル⇔アイドル 美希⇔美希 もう、ダメP 千早⇔千早 KushioakP 春香⇔春香 エコノミーP museP まーちP takoP みゆりP いちじょーP みそP ととすP クロノトリガー 黒井社長 Wii 水着マフラー GM ガンダム

PopアップサムネイルLinks

プロフィール

TomF(技術班見習い)

Author:TomF(技術班見習い)
FはニコマスのファンのF。
Pどころかファン代表Pですらなく普通にありふれたいちファン。しかしそれでもいいじゃないかって事でこの名前にしました。

※現在思うところがあり「F」は封印中...
※「F」を復活させました
  ただし使うのは基本このブログ内のみ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

pictlayer

一部の画像をクリックで拡大できます

DigitalClock

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。